~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
山羊座満月
満月は一つの区切りですが、今回は私にとっても結構切り換えを感じる日となりました。マヤ暦も白い月の魔法使いの年から青い電気の嵐の年へ、が間近です。
先日、生まれて初めて「神経ブロック」なるものを受けた私ですが、驚異的な威力で回復中。何が変わったかって、意識の持ち方が少しく異なったような気がしています。
(それについては、周りの方々のアドバイス、お言葉に多大に因りますm(__)m) 具体的には、その後朝から晩まで歩き回った翌日も元気!ということ(余計にわからないですね…)。

最近、バラエティ番組で大田房江さんを見るようになり、今の大阪の窮状を見るにつけても、大きな違和感を覚えています。彼女は夏生まれ(基盤盤石)の「丁酉」さん。
今は<総てはお金に端を発す>でしょうか。

ここからの<>は専門用語だらけなので、興味ない方はすっ飛ばして下さい。
<丁日であって特に酉日生まれというのは何らかで「財」に由来することが起こるようです。これは私の今までの数少ない経験上(笑)、夏月と冬月生まれの人(午・子月)に顕れるように思います。夏月生まれで、土の緩衝剤のない冬運に入る人&冬月生まれで、土の緩衝剤のない夏運の人ということです。感情を司る木の状態も大きく関与します。木がないとよりストレートですね。酉が水に繋がるので、ステータスにも関係か。丁酉の冬月生まれは他に古館伊知郎さん、小池栄子さん、夏月生まれはワッキーさんがいらっしゃいます。※古館さん、小池さんは亥月で義憤ありですから、子月とは少し違います。>

大田さんも34歳までと44歳からとでは別人でしょう。これもその人の背負った運でもあります。大阪府内部では、横山ノック氏在職時の方がまだ良かったという声が聞かれていたそうです。彼女の役割は何だったのでしょう。

人(運・性格すべて含めて)と関わることは、愛あり、嫌悪あり、利用あり、被迷惑あり等々で、本来刺激に満ち満ちているもの。自分の力を顕示しようとする人は、本当は自分に自信がない人だったりするようにいろいろです。(理解の範疇には到底入らない人もいますが…分析は必要だと思っています。)

世の中の人は皆どんな人も、世の中が良くなるように、足掻いたり模索したり、時に幸せも感じながら存在していると思いたく、as it isを素直に受け入れる心のゆとりを持ちたいと切に願います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.