~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
枇杷の葉染め
田舎から持って帰った枇杷の葉を使って、かねてからやってみたいと思っていた布地染めをやってみました。10リットル盥に枇杷の葉30~40枚くらいだったでしょうか。一日1回15分ほど煮出して4日たったものです。
枇杷の葉1

綺麗な色だったのですが、今の時期はやはり少々パワー不足だったのか、枇杷の葉の枚数が若干少なかったのか、冬のものに比べると薄い色のように感じられました。少し色むらも出ましたが、そこは愛嬌ということで。右の端切れが元の布地です。フライスニットなのでカットソーかな。早く縫いたいです。
枇杷の葉2

染めた後の葉はお風呂へ。ゆったり温泉気分でした。
コメント
この記事へのコメント
わーvvv
これはやさしい色合いですねーv
世界でひとつだけの色、素敵です(*ノノ)

出涸らしの紅茶の葉でティーコジーを染めたことはあったのですが
(これはこれでいい色になりましたvその後茶葉は乾燥させて消臭剤代わり→腐葉土にv)
枇杷の葉染めは試したことがなかったのでとても新鮮な感動を覚えました。

お身体の具合は如何ですか?
縫い物に取り掛かる前の妄想タイムもそれはそれは楽しいものなので、
まずはそれを堪能されてから…というのもまた贅沢で幸せな時間の使い方かも、なんて(*ノノ)
2008/07/02(水) 17:30:51 | URL | chilime #IY7bLZJE[ 編集]
色斑はきっと味?ですね…
ありがとうございます^.^ もう少し大きい容器だったら布をちゃんと泳がせてあげられて斑も少なかったかなぁと思いつつ、初回はこんなもの(まだやる気でいる。。。フフフ)かもしれません。
箕輪直子さんの本数冊、枇杷染めは母袋信恵さんの「草木染め」を参考にしました。山崎和樹さんの「やさしい草木染」(NHK趣味悠々)は情報量に圧倒されました。趣味悠々と言えば、「やさしい製本入門」も興味深々だったのですが、糊を使っての切り貼り工作は手に負えないと断念(同じ理由でカルトナージュも眺めるだけです…)教育テレビは刺激がいっぱいですね!
脱線しすぎました~。今はchilimeさんの素敵な浴衣を拝見して、和裁に気持ちが傾いています。
紅茶染めのティーコジーは乙ですね!その後の茶葉の利用も優しくて素敵です。
身体は一進一退状態?で、7日の小暑を心待ちにしています。今月ちょっとクッションあって8月からガラッと雰囲気変わりそうです。それまで贅沢な時間を楽しみたいと思います。
A huge bouquet of red roses to you!
2008/07/02(水) 19:48:41 | URL | 雪 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.