~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
積善の家には余慶あり
易経です。

お世話になっていた方が急逝されました。前日まで普通に働き、普通に暮らしていらっしゃいました。

突然死というのは突然死に非ず。とは、命理の師匠がよく言われていたことで、ご本人には何かの知らせがあったのかもしれません。

お嬢さんとお話ししていましたら、じっとしていることができない方であったとのこと。らっきょうを漬けるのが大変と言いながら作業なさるのを見かねて、「大変ならやらなければいいじゃないか。」というお嬢さんに、でも差し上げて喜んでくださる方がいらっしゃるから、とずっと続けていらっしゃったのだそうです。

心配りを常になさる方で、彼女の居る所、常にお花があり、周りを癒してくださいました。

お通夜で読経なさったお坊さんがおっしゃったのが、今必要なことは、出して生きていくこと。故人は人のために惜しまず尽くされる方でありました、とおっしゃっておられたのが印象的でした。

告別式で、喪主の方が、「あなたの子供に生まれたことを誇りに思います。」とおっしゃっているのを伺って、お辛いこともあったとは思えど、ひ孫さんにも恵まれ、皆さんに看取られて去られたことは、幸せだと思うのでした。

宇宙の理は、良い人に子孫繁栄のご褒美を与えてくださるのだと思います。

Kさん、今まで大変お世話になり、ありがとうございました。一年前に旅立たれたご主人とまた仲良くご子息をお見守りくださいね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.