~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
マヤの暦の勉強会
今日は、マヤの暦の勉強会の最終日だった。
昨年秋より不定期で、マヤ暦の鑑定をなさっている方にマンツーマンで教えて頂く機会を得て、マヤの暦の考え方を知り、時間のサイクルやシンクロニシティーについて改めて考えることが出来てとても楽しい一時だった。毎回予定時間を超過して教えて下さった先生にとても感謝しています。

マヤ暦の特徴は、何と言っても図式化された「太陽の紋章」や「銀河の音」によって、様々な事柄をビジュアルに捉えることができること。その捉え方も、各人がキーワードをいろいろに膨らませて自由にすることができる。初回、「人は皆、今生の自分の課題を選んで生まれて来ている」と伺った時に、腑に落ちた思いがし、今も時折、その言葉を反芻している。また、一日とその日に起こる事柄も今までよりも意識出来るようになった。

多岐にわたって応用することのできる、その奥の深さにも驚いている。
そして、その暦を使って鑑定をなさっている方の、言葉の選び方や姿勢にも教えられることが多かった。こんなことやあんなことも有りなのね、と素直に受け止めていけるように導くことは占いの金科玉条なのだと思う。胡乱であったり、消極的な気持ちにさせられるのは間尺に合わない。占いは自家薬籠中の物であるべきものだから。

占いと一口に言っても四柱推命、西洋占星学、マヤの暦等それぞれに魅力を感じて、いずれも蘊奥を究めること能わずの私だが、せめても勉強を続けることで、将来圭角がとれればいいなあと思うのである。

皆さんにも素敵な出会いがありますように。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.