~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
削ぎ落とすこと
執着を手放したら、次が見えてくるなんて書いてしまいましたが、執着なんてそう簡単に手放せるもんじゃありません。

こんなこと書きながら、自分どうなん、と突っ込みを入れずにはいられない状態です(爆)

ただ、一つ心がけているのは、

減らしていくこと。

食べ過ぎであれば、量を減らしていく。(1日一食と言われている芸能人の方、とてもスッキリしていらっしゃるようにお見受けします。)ものを持ちすぎであれば減らしていく。(貰い手を見つけることができれば尚良し)。薬であれば、少しずつ飲まないようにしていく。

巷間では、お風呂に入るのに、クレンジング、ボディーシャンプー、シャンプー、リンス、石鹸、ボティタオル、スクラブ剤とか入浴剤、出てからは、化粧水、乳液、保湿クリームetcが必要なのかもしれませんが、私は化粧をしなければ、石鹸一個(使わずに済ます時もある)で全部済んでしまう。

(余談ですが、ヨガの教室が終わった後にいつも思うのが、おそらくシャンプーの残り香の威力。半日くらい部屋が匂うのです。匂いを感じる度に、むか〜し、才田春光さんの講演会に行った時に聞いた「分娩室はシャンプーの匂いがする」という衝撃的な話を思い出します。)

歯も塩だのナスの黒焼きだのがあれば歯磨き粉が要らない。

料理の道具は減っては増えを繰り返して(苦笑)ますが、眠ってしまっているものはないです。

何か不具合があれば、増やすのではなく(サプリ飲むとか、クリームつけるとか、靴下たくさん履くとか)、どこまで減らせるかを考えていく。

ものが少なくなって、軽くなると、不思議に心身が軽くなって動きやすくなります。

入れるものが過多になればなるほど、悪化していくように思うのは私だけでしょうか。

腎臓内科にかかって良くなるなら、人工透析はなくなり、糖尿病内科にかかって治るのなら、インシュリンはいらない筈です。だんだん重くなって、最終手段になる前に、ぜひ減らすことを心がけてみてくださいませ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.