~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
巻き寿し

思い立って、巻き寿しを作ってみた。
以前、同じレシピで作った時は、何て七面倒臭いんだろうと思ったものだが、今回は、こんなに楽しいものかと思ったりして、自分が年を取ったからなのか、作ることに抵抗がなくなったからなのかはよくわからない…。
今回も後藤加寿子さんのレシピ。卵焼きと、干し椎茸・干瓢の煮たのと、三つ葉とさいまき海老の具で作った。
楽勝と思いつつも、十五時開始で、途中買い物を挿んで、十九時の出来上がりは、やはり大変だったのかもと思う。
砂糖はブラウンシュガーで、千鳥酢と黒酢をブレンドした酢なので色付きで、且つ形はご覧のとおりだが、美味しく出来た!

料理本は、何度も繰り返し使うレシピのある本が残っていくのだけれど、NHKの後藤加寿子さんと中村成子さんの本は本当に重宝している。辰巳芳子さんの「てしおにかけた私の料理」では「つくりたいとお思いになるところだけ拾い読みせず、一度は初めから終わりまで通読していただきたい」とあるのだが、良い本というものは、どこから始めたとしても結局全部に目を通すことになるような匂いを放っているように思う。

辰巳さんの本の最初に、『私の台所ごよみ』という項目があり、最近の私は、その中の、草だんごつくりであったり、実山椒の佃煮であったり、梅や柚のお仕事だったり、漬け物や味噌を作ったりという手間仕事や保存食に興味がある。残念ながら、これらは上述の本の中にはないのだが、後藤さんと中村さんの本、NHKの「食彩浪漫」の中に見出せるものがあり、子年の今年は、料理を通していろいろなものに触れて行けたらと思っている。

今、四季の手間仕事は、「普通の家族がいちばん怖い」の現代主婦が言う『やろうと思えばいつでも出来る』ことを「経験を重ねることで見えてくる」ものに昇華させられるもののような気がしている。
AUTHOR: ちゃくら☆ URL: http://ameblo.jp/peace-yoga/ DATE: 01/21/2008 18:36:51 素敵~~♪
手巻き寿司すら滅多にしない私は、感動です~
合わせ酢も美味しそう♪
巻き寿司って簡単そうに見えて、実はひとつひとつ手が込んでいて時間かかるよね。偉いわっp(^^)q
主婦の鏡~~
料理本早速アマゾンで探してみようかな♪
貴重な情報ありがとう~
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.