~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
月暦、十三の月の暦とカレンダー

今年はカレンダーの当たり年♪
スーパーで貰った「東山魁夷」作品の立派なカレンダーに始まって、
家人が職場や仕事先で頂いて来た
「京の手練」四季卓上カレンダー(桜の哲学の道、蓮の平安神宮、涼やかな貴船、実りの丹波、紅葉の渡月橋など)
YAMAHAの演奏家カレンダー(1月はG.Gould、清水和音やブーニン、12月はリヒテル)
今治城カレンダー(今年「鉄御門」(くろがねごもん)落成)
もうこれで十分なのだけれど、恒例の月暦、RYU-RYUのカレンダーに、今秋購入した「十三の月の暦」が加わって、嬉しい来年になりそう。
月暦の、新月と新月からの満ち、満月と満月からの欠けを意識するようになったし、「十三の月の暦」では、過去山に登った日が3回とも、或いは、ある方にお会いした日がいつも、同じ紋章で、後で気付いてびっくりすることが多々あった。そして調べてみると、上記の日と対応する日干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸の十干のうちの一つ)も同じなのだった。来年は出来るだけ、これらの『日』と万年暦を意識していこうと思う。毎日発見があるのが楽しい。

来年もよろしくお願いいたします。


AUTHOR: ひとみ URL: DATE: 12/28/2007 17:02:17 東山魁夷
東山魁夷大好きなんです♪うらやましいですね~

昔、長野に住んでいたころに
〔すごい、昔のことなんですけど…〕
長野県信濃美術館にある東山魁夷館で
『窓』をテーマにした企画展がありました。
それ以来、大好きなんです。

十三の月の暦、気になります♪
同じ紋章って、偶然ではない、
何かがあるのでしょうか?
不思議ですね。

また、いろいろと、お話聴きたいです。
来年も、よろしくお願いします。
よいお年をお迎えください…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.