~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
タイム染め(無媒染)
タイム染め
写真では、少し差があるように見えますが、
左が生成り(買ったまま)、右がタイム(ハーブ)の無媒染染めで、殆ど差がありません。

知多木綿の機械織りストールを、織りの教室で分けて頂き、石鹸で洗った後、タイムを抽出した液に浸けました。染液に浸けている間は、黄緑かかった色だったのですが、水洗いをすると色は殆ど落ちました。皮膚に直接触れるので出来れば無媒染で、と、ご教授頂いたのですが、やはり使うからには、少し色が欲しくなりますね。また、タイムが溜ったら、染め直したいと思います。

今日は、以前葉っぱを使って絹糸染めをしたものの残りのローリエの枝を明礬媒染で染めました。乾いてから写真をアップする予定ですが、今は薄いベージュピンクになっています。

90度くらいの一番染液に20分→軽く濯いで明礬媒染10分→十分濯いで、もう一度一番液(70度くらい)に20分→軽く流して終わりの行程ですが、色が薄かったので、続いて二番液に冷めるまで浸けています。枝も葉と同じようにいい匂いが漂い、色も薄いピンクでした。木綿は染まりにくいので、絹糸ならもっとしっかりした色が出たかもしれません。

タイム染めにローリエ液をかけるというのも考えてはみたのですが、やはりシンプルに単色でいく方が好きです。実行すればシチュー染めになったかもしれないですね。これはいずれ機会があれば試すことにしましょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.