~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
えひめイズム
今日も念願かなって、行きたかったお店に行ってまいりましたよ。
大島窯です。ここの器は夢みる乙女的(もう少しうまい喩えがないかしら…と書いていながら思いますが)、且つ使いやすいので、好きなのです。山内瑠璃子さん作の練り込みの香合がとても素敵だったのですが、ちょっと手が出ず、今回は日常使いの、器1点と湯呑み2個を頂きました。7月の窯出しに行ってみたいです。
お店を出たところで、道を隔てた前方の建物に惹かれました。
「えひめイズム」感性価値創造ショップです。出来てまだ半年経っていません。
入るとすぐの所に、菊間名産の瓦を使った箸置きが置いてあり、中は伝統的なものをアレンジした製品が溢れていました。カラフルなキューブ型のいろいろな樹の木片を観賞用に詰めた箱や、工房織座さんの綿のマフラー、水引細工や、ガラス製品、正岡子規が好んで食べたと思われるパンの復刻もの、などなど、面白いものがいっぱいです。発想の柔軟さ、独創性に唸らされました。織座さんは、ご自宅工房にもお伺いしたことがあるのですが、先月朝日新聞の愛媛版に親娘の写真入りで紹介されていたのを見たばかりです。新ブランド「ITO」の、傾斜もじり織りのマフラーを探したのですが、店頭にはまだ置かれていませんでした。
どぶろく^^; 油・砂糖不使用の発芽玄米加工食品(おせんべいなのですが、10~20枚を器に入れ、熱湯を注ぐと美味しい玄米粥になるらしい。遠赤青汁株式会社という名前からして面白いです)小梅ジャム(母がお店の人に籠をもってついてこられたので、買ったらしい)を買いました。
「坂の上の雲」の放送で、観光に力を入れているのが伝わってきます。でも、こういうお店なら、また行きたくなります。
ショップの近くには、霧の森大福店もあったので、もしやと思って行ってみましたが、午前の早い時間に完売とのこと。かわりに買ったうの花パイも美味しかったです。いいものに出会えるのも嬉しいし、愛媛で頑張っておられる方々を知ることができるのも嬉しいです。このところ、ずっと食道楽ですが、愛媛再発見中でもあります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.