~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
雑穀の利用拡大と系統保存
先々週末は、摂南大学薬学部に講演を聞きに行ってきました。無料です。
三井教育講座委員会による「衣食住」に関連した身近なテーマの出前講座です。前回の「衣」では、和綿の利用拡大と系統保存についての講演があったことを、織りの教室の方から伺って、今回は是非と思って参加させて頂きました。前回、又聞きで興味深かったのは、産着の話。男児の産着は鬱金染め木綿、女児の産着は紅花染め木綿だったというお話です。鬱金は肝機能、紅花は冷え性や血色不良の改善の効能があります。産まれてすぐに、そういうものを使うことで、将来に備えていたというのは驚きです。

前回と同じ講師の渡辺斉さんの味覚が与えてくれる安らぎの暮らしを基調にした講演でした。前半はマクロビオティックを齧ったことのある方には馴染みの話題でしたが、まったく初めての方にはおそらく新鮮あるいはショッキングな内容(牛乳のカルシウム含有率はそれほど高くない、とか、ヨーグルト・チーズは体にいいとは言えない、とか、塩分の盗り過ぎは「高血圧」の原因にならない、とか)だったかもしれません。後半は雑穀の種類や効能などを駆け足でご説明頂いたのですが、もう少しこちらを詳しく、そして調理方法などについてもお伺いできれば良かったのにと思いました。前回との関連が感じられたのは、黒米のお話。女性の初潮をお祝いするお赤飯は、本を正せば黒米だったとのこと。「黒米を加えて炊いたご飯は赤くなる」「貧血予防目的が本来の意義であった」

摂南大学薬学部は、交通の便は少々不便ですが、立派な建物でした。講演が始まる前には、学生さんたちがカリンジャムをのせた全粒粉ビスケットや柚子ジャムをのせたクラッカー、はと麦茶を配ってくれ、椿の花びら寿司とそのレシピ、ゆずローションも自由に取ることができ、講演後は、黒米、薬草園のど飴をお土産に頂いて、いたれりつくせりでした。

最後の「住」の講演日はご案内頂かなかったのですが、スギのお話ということで、できれば伺いたいなと思っています。会場はまだまだ多人数を収容できる余裕がありました。いいお話なので、もう少し学生さんやご近所の方がいらっしゃればいいのにと残念な気がします。

当日、頂いたもの↓
摂南大学
コメント
この記事へのコメント
黒米ご飯は、たしかに赤いですね!
たまに、黒米をいれたご飯を炊きます。
ご飯が、自然な赤色に染まって、
いつもと違う感じが楽しいですよね♪
2010/03/08(月) 22:16:33 | URL | うめこ #NJsiWxd2[ 編集]
亀レス陳謝ですm(__)m
パソコンを触らない日が多い此の頃です…。
いつもコメントを頂き、ありがとうございます。
黒米は美味しいですね!そして、色も美しいです。
うちは、雑穀を混ぜたり小豆を混ぜて炊いたりで、ご飯のバリエーションは増えたのですが、問題はおかずです(笑)食べる事、日々のことは楽しみでもあり、大事ですね。
2010/03/12(金) 23:28:17 | URL | 雪 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.