~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
100%石鹸3種
sekken

上から、椿油、オリーブ油、太白胡麻油100%石鹸です。
型出しが早かった順でもあります。
白、薄いベージュ、薄いピンクベージュのそれぞれの色は、素材の色です。色で見分けがつくので、混ざってても大丈夫です♪
太白胡麻油は、ココナツ油とパーム油を足してマルセイユ石鹸を作る時は、鹸化までの時間がとても短かったのに、100%になると、いつまでたってもしゃっきりしなくて、使える状態になるのに2ヵ月かかりました。何故だろう…。同じ頃に、同じ苛性ソーダと精製水の割合で作ったのに…。
石鹸も奥が深いです。
コメント
この記事へのコメント
同じ苛性ソーダと精製水の割合で作ったのに(略)
…の謎は、もしかしたら鹸化価のせいかもしれませんです(人´∀`).☆.。.:*・゚同じ「割合」で作った、ということですのでv
http://keinz.co.jp/kenkaka.html

※色々なオイルを使って計算が面倒になりそうな場合は
http://www6.ocn.ne.jp/~herieisa/Calculator.htm
こんなのを使うのもお勧めv

その他油脂によっての鹸化速度なんかもあるかも、なんて。
(ヒマシ油は特別ですが、ヤシ油も割と鹸化速度が…)
http://plaza.harmonix.ne.jp/~krand/dia/kenkariron.html#s4-1


しかしクレイも何もいれずに作った、「そのままの石鹸」綺麗ですね~。
ふんわりとやさしい色味がなんだかほっとする感じで。
ホント、いくつ作っても、いつ作っても石鹸作りの楽しみはつきませんね(〃∀〃)
2009/12/04(金) 19:40:11 | URL | chilime #-[ 編集]
沢山の情報をありがとうございます!
chilimeさま

いつも本当にありがとうございます。
コメント頂いて「はっ!胡麻油とオリーブオイルは同じ割合で、椿油は違ったのだった…」と自分の文章に思わず突っ込みたくなったのですが、ボケてたお蔭で、いろいろなことを教えて頂くことができましたm(__)m
色々なオイルを使った場合の計算式!!!素晴らしくて次回はありったけのオイルを入れた石鹸を作りそうです^^おまけに牛乳パックですね!
「鹸化速度」もですが、くらんどさんのHPは読み応えたっぷりです!思わず最初から見てしまいました。
井の中にいる私を再認識ですorzズボラに過ぎてはいけませんね。。。
2009/12/05(土) 22:04:10 | URL | 雪 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.