~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
なんちゃってマクロビ生活
を始めて、半年が経ちました。
最初の二ヵ月ほどは、かなり厳密にやったのですが、それ以降は、粉食も砂糖(白砂糖以外)もフルーツも乳製品も卵も魚も、お付き合い以外でもちょっとずつ摂るようになっているので、マクロビ生活と題するのは、少々烏滸がましいのですが。

YICがきっかけで、牛&豚肉はほぼ食べなくなって5年近くなっても、鶏肉、卵、バター、パン、魚抜きの生活なんて耐えられないとずっと思っていたのに、今年になって、やさい食堂に参加させて頂いてから、その美味しさに目覚め(空間、素材、お料理すべてが素敵な所です!)、やおらマクロビ関連の本を流し読みするようになって、生活が随分変わったと思います。

禁忌を厳守していた初期の頃は、ともかく朝早くに目覚め、寝起きが良くなったことが印象的で、あっという間に体重は5キロ、体脂肪も5%ほど落ちました。お腹がぺったんこになり、体は軽い。二ヵ月経って、ケーキを食べた時には、その甘さが尋常でなく感じられる程に。
でも、その後は、あごだしや煮干しも使い、たまにパンも食べ、お酒も飲み、という生活に退行?したので、目立って何かが変わるという実感はなしです。食欲の秋で、食べる量が半端でなくなって、お腹はとうに旧の木阿弥です(爆)が、体重、体脂肪率はその割には戻っていないくらいでしょうか。
ただ、パンやクッキーは食べ始めると止まらないというのは体感しましたし、お酒を飲むと翌日頭の働きがさらに悪く(笑)感じられる(自然酒なので、お酒のせいではないと思いますし、量も多くはないです)などの弊害は以前より感じるようになりました。
そして、なんちゃってのこの頃でも、大きく変わったと思われるのは、体の硬さかもしれません。この数年はどうしてこんなに硬くなっちゃったんだろう状態で、ヨガのポーズが思うように出来なかったりしていたのですが、回復傾向です。

マクロビ、玄米菜食にもいろいろな流派があり、どれもそれほどのめり込んでやっている訳ではないのですが、心地よいので、続けて行っているという状態に落ち着きました。

やっていての気付きの一つは、大豆は、肉や魚を摂らないとなると必需品だと思ってきましたが、摂り過ぎるとお腹が張りますし、重い感じがすること。野菜だけでコクを出そうとするのは、なかなか難しく、揚げ物が増えたりもしますので、これからはそれらのバランスを取っていく必要も感じます。その点では、重ね煮レシピは重宝です。

このところ玄米を摂り過ぎているのは、バランスが悪いということなのでしょうね。

ということで、先月再び「やさい食堂」に伺って目から鱗だったのでした。そして、メニューの行き詰まり感もあって、マクロビと銘打った、或いは玄米菜食を掲げたお店を何軒か歩いたのですが、それは次回に。

今は私にとっては原点の、「やさい食堂」でおせち教室があったら伺いたいなと思っています♪
コメント
この記事へのコメント
ユキさん、
やさい食堂をご贔屓くださってほんとにありがとうございます。
重ね煮はらくちんでおいしく出来上がるのでとてもいいですよね。
私はこういう食事をするようになって、外食すると苦しい感じの満腹感と、とても喉がかわくようになりました。
これって、やはり調味料が原因でないかと思ってます。
でも、たまの外食は楽しいですよね。
お店のご紹介、とても参考になりました!
喉が渇かなくて、気持ちいい充実感のあるお店がたくさん出来るといいのですけど。
また教えて下さーい。

2009/11/30(月) 16:58:21 | URL | maya #-[ 編集]
マヤさま

はっ!やさい教室になっていましたorz ごめんなさい。
やさい食堂の記事が更新されるのをいつも楽しみにしています(伺えなかった時は、お写真がまた楽しいのです♪)。

外食で、いろいろなことに気付くようになりますね。調味料の問題はとても大きいと改めて感じます。
お店を選ぶようになってしまいましたが、新しいメニューを探しに行く別の楽しみが出来て、それはそれで楽しいです。
また「やさい食堂」に伺わせて下さいね。
2009/11/30(月) 23:40:20 | URL | 雪 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.