~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
葛染め
普通に媒染して緑を発色する植物はあまりない、と聞いているのですが、葛を頂いて、試しに染めてみることになりました。葛は強い植物ですから、車の往来が絶えない道路の端にもしっかり繁殖しています。頂いた葛には沢山のカメムシがついていたらしく、大分はらい落として下さっていたのですが、それでも鍋の湯に入れる前に、10匹程度にお引き取り願いました。

葛

アルカリ水煎出で、左から、銅媒染、アルミ媒染、鉄媒染、無媒染です。

後から、山崎青樹さんの「草木染 染料植物図鑑」を見ると、酸で中和した方がよかったようですが、なくても銅はかなり発色しました。アルミと鉄は洗い終わると似たり寄ったりですが、媒染液に浸している時は、鉄のは焦げ茶色になっていました。無媒染は本当に薄い色です。

藍に黄色をかけると緑になるとも聞いているので、いつかの日か「藍の館」で糸を染めさせてもらって、試してみたいと思っています。自然の色はすべてですが、特に緑はこれからの課題になりそうです。
コメント
この記事へのコメント
染色って、化学!
触媒によって、いろんな色が出るんですね。
不思議です。
染色って、かなり「化学」なんですね!
2009/11/04(水) 23:21:44 | URL | うめこ #NJsiWxd2[ 編集]
化学といえば、木村光雄さんの著書http://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E7%84%B6%E3%82%92%E6%9F%93%E3%82%81%E3%82%8B%E2%80%95%E6%A4%8D%E7%89%A9%E6%9F%93%E8%89%B2%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E3%81%A8%E5%BF%9C%E7%94%A8-%E6%9C%A8%E6%9D%91-%E5%85%89%E9%9B%84/dp/4877461019/ref=pd_sim_b_1なのですが、化学の素養がない私には、ちょっとしんどい。
ちゃんと勉強しとけばよかったと思うことが多々あります…。
2009/11/06(金) 00:51:53 | URL | 雪 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.