~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
藍の生葉染め
織りの教室でご一緒している方から、藍の生葉と乾燥葉を頂きました。

ai1

かわいい花には申し訳ないのですが、一枚一枚葉をもいで、

ai2

200gありました。

これを、ハサミで刻んで、晒の袋に入れます。山崎和樹さんの「草木染」ではミキサーを使っているのですが、食事用のものを使うのはちょっと抵抗があり、、、

ai3

もう少し細かい方がいいとは思います。。。これを水に漬けて手で揉み出し、緑の液体になりました。もう少しドロドロしている方が良かったかな。

ai4

湯通しした布(シルク)を液につけては、空気にさらすのを15分繰り返して、天日に干したのが下の写真
ai5

本では、少しずつ濃くなってもっと青みが増すのですが、これ以上は濃くなりませんでした。布の重量に比べて藍が少なかったか、液体を作る段階でもう少し工夫がいったかのどちらかのような気がします。

これをオキシドールを入れた水につけて15分。

水洗いして終了です。
ai6

薄いですが、それでもしっかり色がつきました。乾燥葉の染めはどう染まるのか、まったく見当がつきませんが、お天気のいい日でないと出来ないので、暫く先になりそうです。

箕輪直子さんも著書の中で薦めていらっしゃいますが、藍も育てて染められたらいいだろうなぁと思います。



コメント
この記事へのコメント
お美しい~。
インディゴブルーですね。
なかなか染め物には手が出せませんが、いいですね~。

有馬まで歩いていけるとは知りませんでした!
この秋、行ってみたいです。
うり坊にも遭ってみたいです(^^)/
2009/10/04(日) 23:18:21 | URL | ゆり #-[ 編集]
ありがとうございます。
ゆりさ~ん♪

ご活躍をいつも楽しみに拝見しています(^.-)/

実は、1ヵ月ほど前に栽培用の藍2ポットを頂いたのですが、枯らしてしまいましたorz 私と同じ頃入門した生徒さんが、「葉っぱを下さいな」とその方にお願いして、おこぼれを頂く事が出来たので、生まれて初めての藍染めです。この色がどう変化していくのか興味津々&こわごわです。

有馬、是非是非歩いていらして下さいね~。山の景色&お風呂&ご飯&バス(この間は後ろの席の若者が爆睡してました。一時間に一本はちょっと残念)もまた楽しですよv
2009/10/05(月) 13:52:02 | URL | 雪 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.