~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
再び有馬温泉
先日、芦屋の高座の滝を出発点として、ロックガーデン、風吹岩、雨が峠を経て、六甲最高峰地点を踏んだ後、魚屋道を下って有馬温泉へ行き、公衆浴場「金の湯」に入ってから日が浅いのだが、紅葉シーズンでいい陽気だというので、連休初日、再び有馬温泉日帰りツアーを決行した!
今回のコースは渦森橋出発で天狗岩南尾根道を登り、紅葉谷道を下る予定…のはずが、バスで渦森台の近くまで行ってしまって、結局寒天山道経由の六甲ケーブル山上駅行きに変更となる。
ガイドブックに六甲山上への最短コースと記載されているだけあって、淡々と歩く事一時間、山上駅に到着。眺めのいいスポットは結構あって、無理せず登れたと思う。なだらかな道ということで、登山に慣れた方には面白みにかけるためか、他に男性の方が一人で登っていかれるのを見かけただけだった。私は登山装備と言えば、靴のみという素人まるだしの登山なので、登れるだけで十分嬉しい。紫式部が実をつけているのも見つけた。
六甲山へ登るにあたっては、ネットをいろいろ検索していてとても参考になったHPがこちら。
播州野歩記
今後「シェーのお兄さん」と呼ばせてもらいます(笑)
事前にこの頁を読んで、よし、昼食はカレーだと意気込んだのだが、六甲高山植物園の「えーでるわいす」は、冬期でお休み(3月21日から営業)でがっかり。代わりに六甲フードテラスで休憩。
前回は七曲がり道が苦しくて頭の中が真っ白状態で歩いたが、今回は紅葉谷道の下りがきつくて膝ががくがくになった。段差が大きかったこと、着地する石の衝撃をうまく分散することができなかったこと等で、少し膝にきている。やはりストックは欲しい…。一昨日ストックの下見に行ってはみたものの、4千円~1万円超の種類の多さと、私の登山の回数を考えて決断できずに帰ってきてしまった。今回年配の方にあまり会わなかったのは足場の悪さだったのか、それともメジャーなコースでなかったからなのかはよくわからない。紅葉は一部美しいところもあったのだが、期待していたほどには色づいておらず、少々拍子抜けした。
有馬温泉には前回よりもずっと早くに到着(14時)し、すぐに「銀の湯」へ。到着した時には、ゆとりのあったお風呂場も私が上がった時には行列が出来て人が溢れていた。街中は大勢の人でごった返し、芦屋へ戻るバスも満席で立っての乗車。連休はやはり覚悟して動かなければならないと思う。
次回はもう少し装備を揃えて、天狗岩南尾根コースと有馬温泉「チックタック」の薬膳カレーに挑戦したい。
いい日和で紫式部、山茶花(太閤の湯殿館側で綺麗に咲いていた)紅葉も見、温泉にも入れて幸せな一日だった。

AUTHOR: サマーディー URL: DATE: 11/25/2007 20:09:27 Unknown
 昨日、新聞で京都高円寺の写真を見ましたがしっかり紅葉していていい感じでしたね。有馬温泉いまだ行く機会がありませんが良さげですね。
 先日阪急イングスにyogaマットを買いに行った際、二階にトレッキング系の売り場があってかなり心惹かれました。
 三年前タイ、チェンマイでカレン族のガイドによるトレッキングツアーに参加してものすごく良かったのですがまた来年も行こうかという気になりました。
 
 あやうく、何の意味もなく磁石を衝動買いしそうになりました
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.