~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
アダン
一村
また週末がやってきます♪

先の日曜は「田中一村展」に友人と行ってきたのでした。

到着して展示を見た後、13時30分からの「田中一村の世界」という講演も拝聴しました。会場にない絵もスライドを使っての説明があり、いろいろ唸るところ多く、やはりこうした展示は解説を聞いて見ると見ないでは大違いだと思いました。

今回は、個人所蔵作品に焦点を絞ったという謳い文句どおり、初公開のもの、新発見のものなど珍しいものが沢山出されていたようです。漠然と奄美の作品を想像していくと期待と違うのかもしれませんが、天稟に恵まれたとはいえ南画の筆致や篆刻など、わずか8歳から描いているものとは思えないものばかり(米邨時代)で驚嘆します。

父、稲村がちょっと手を入れたのが悔しくてその部分が引きちぎられた菊の色紙も間近に見、初公開の黒梅長巻に惚れ惚れし、ポスターにも印刷されている「トラツグミのいる秋色図」や「ニンドウにオナガ」に好みの色彩を見、四季花譜図の精緻な画に花の名前を思い出し、日傘に描かれた花草の可憐さに微笑み、と時間を忘れますが、中でもやはりエンマ大王への土産と言われた2点のうちの一つ「アダンの木」には本当に圧倒されました。構図やアダンは勿論ですが、寄せるさざ波、浜辺を埋める小石の群れがとてもこの世のもののように思えないほど美しく(プラチナを使っていると講演者の方はおっしゃっていました)、飽きずに眺めておりました。個人蔵ということで、田中一村記念美術館でも複製を展示してあると知り、講演の中では、もう一つの土産の「クワズイモとソテツ」は行方がわからないと仰っていたことを思うとこの機会が稀なことを実感します。講演の内容も含めて、大変有意義な一日となりました。

講演会は先着60名だった(実際は100人以上いたように思う)のですが、何故か奄美黒糖焼酎「奄美の社」を頂けて、こちらも予期せぬ嬉しい出来事でした。瓶のラベルが一村のアカショウビンだったからでしょうか。町田酒造(里の曙)さん、太っ腹です。

帰りに無理を承知でポスターが頂けるかどうか受付に訪ねたのですが、快く譲って下さいました。写真はそのポスターと焼酎です。

帰って早速友人に教えてもらった「アダンの画帖 田中一村伝」を読むと、何故一村手製の木魚や帯留があったのか、観音図がいつ描かれたのか、軍鶏が描かれた状況などがわかり、これらを踏まえてもう一度見てみたい欲求にかられました。24日までです。
コメント
この記事へのコメント
えーーーー?もしかして、その本教えた友人て、この私ィ??そして読んでいたにもかかわらず、何で木魚が多いノン?なーんて能天気に質問しまくっていたのも私ィ??(T0T)
いよいよアルツが本格始動??
悲しすぎる。。。しかしもう一度本読む気力がない。降参します。教えてください。
でも、あの本、よかったでしょう?展覧会もとてもよかったね。何回も見て回って心静かになりました。あのアダンの木の、打ち寄せる波のように。
2008/11/07(金) 23:12:03 | URL | サカイネーゼ #-[ 編集]
そうです♪感謝してますよん
良かったです!読んだら、真剣にまた行きたくなったりしています。
一村23歳の時に、本道と信じる絵を描いて南画の支持者に見せたら、一人の賛成者もなかったので、それらの人と絶縁してしまい、結果アルバイトで生活費を稼ぐことになったかららしいです。稲村(お父さん)から譲り受けた彫刻の才で、帯留め、根付けなどの小物細工と木魚の作成をしたようです。手間のかかる仕事であったけれど、まとまったお金にはなったとありました。ただ、値はつけずに、「寸志で結構でございます」といって稲村の顧客や知人たちの家に届けたというのは、一村らしいですよね。
私はサカイネーゼさんと比較できないくらい読んだ本の中身を忘れてるorzけど、内緒にしてるだけ(笑)あまり慰めになってない。。。
絵は本当に良かったですね。あれだけの絵は今後見ることあるだろうかと思ったりします。一緒に行ってくれてありがとう!
2008/11/08(土) 00:26:46 | URL | 雪 #-[ 編集]
田村一村、見に行かれたのですね。うらやましい。

先日、沖縄に行って、はじめて本物のアダンを見ました。なるほど、絵に描いてみたくなる、迫力満点の植物でした。
2008/11/08(土) 00:57:40 | URL | うめこ #-[ 編集]
すみません。
書き間違えました。

ぼんやりしてたら、田中と稲村が混ざって、
田村になってしまいました。

いや、それとも、田中一村を縮めて、田村、
かな(笑)
2008/11/08(土) 01:04:26 | URL | うめこ #-[ 編集]
沖縄に行かれてて羨ましいです^^
本物のアダンをご覧になってて羨ましいです。一村の迫力溢れる絵を見た後では、また別の視点が生まれるのかもしれませんね。
一村と書くと一品と続けたくなるのは私だけ…(ああスベってしまったorz)
2008/11/08(土) 01:54:50 | URL | 雪 #-[ 編集]
ひゃあ~!そんな展覧会が!
いつもありがとうございます!

ふらりと立ち寄ってみたら
こんな素晴らしい情報が!!!

見逃したら一生後悔するところでした。(大げさ?)ありがとうございます!
近日中に行ってきますね♪

何年か…かなり前に一村展を見て
衝撃を受けた記憶がよみがえりました。

今回もお宝いっぱいのようで楽しみ♪
またまた刺激されてきますね。 まゆら



2008/11/08(土) 21:37:02 | URL | mayura #-[ 編集]
行ってらっしゃいませ♪
はい、とても良かったです~。彼の絵はまさに衝撃的です。

まゆらさんも以前一村展に行かれてるんですね!皆さんほんとによくご存知だなぁ…と管見を恥じるばかりです。

楽しんでいらして下さいね♪

2008/11/08(土) 23:07:49 | URL | 雪 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.