~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
自然?無農薬?有機?
事故米の報道が続いていますが、メタミドホスばかりが糾弾されているような気がしてなりません。アフラトキシンは何故あまり表に出て来ないんでしょう?

私はお米を買う所(何を基準にしてお米を買うか)にいつも困っているので、これをきっかけに、いろいろなサイトを歩いていました。イカリなどで減農薬米を売っていますが、何を何回散布という詳細を見るとげんなりして、かえって、パッケージに何も書いてないものを買ってしまいたくなります。かといって、オーガニックバザール芦屋で先日初めて買った有機米は、納めたタッパーを開けた時に、お米からはい出して来た虫(何だったんだろう?)に遭遇。殺生してしまいましたorz 他に、何故だか最近同じ種類の蛾が多いなぁと思うと、乾物(自然栽培のところで買った干し椎茸)を収納した引き出しで発見。鳥肌です…。椎茸を処分した後も暫く出ていました。これを、虫がつくほどいいもの、とは勿論思えない訳で。

彷徨っていると、NHKで紹介されたりんご生産者の木村秋則さんが載っているサイトを発見して、しばし読んでいましたが、書いてあることは他で知ったこととも繋がること多かったです。この会社は関東圏なので、購入は非現実的(地産地消に合わない)と思ったのですが、関西の人で購入している人もいるようでした。

以前見学した野菜作りは、分類で言えば有機栽培ですが、無農薬で、完全に乾かした植物性肥料を使っていました(たまに米糠は使うようでしたが)。これが現時点での、望ましい形の有機だと思うのですが、店頭の有機栽培野菜がどのようになされているのかは、確かめようがありません。

読み進むうち、この「有機」が一番グレイな存在のように思えてきました。ピンからキリまであるとすれば、ピンが少なそうな印象を持ってしまったのは暗示にかかってしまったのかもしれません。その流れで、有機野菜を使ったと銘打った調味料が特別身体にいいかどうかは…と思ってしまいました。いずれにしても実際に見ることも、体験することもない思い込みは危険だとは思います。

実家で野菜を作っていた時期もあり(茄子、胡瓜、アスパラガス、西瓜など家庭菜園で作ってた)、生ゴミをそのまま埋めてどうなるのかなどは知ってます(いつまでたっても原形で、臭いまま)。腐葉土を足して栽培し、消毒もしていたと思います。それでも採れたての野菜は美味しかったように記憶しています。また、電車でたまたま隣に乗り合わせた方が、土地を借りての家庭菜園の話をしていたのを聞いたところでは、農薬は皆使ってるという話でした。(ご近所にお裾分けしているという話の後だったせいか、何故かここだけ声が小さくなってました)私自身は、どうしても自然・無農薬栽培でなければ、などと思っている訳ではないです。ただ、きちんと管理できる(管理といっても毎年きちんとノルマを達成というのではなくて、出来ない年はそれなりに受け止めるような大らかな栽培を想像しているので、経営では有り得ないですね…)のであればその方が望ましいのだろうな、とは思います。

ベランダにある植物は水だけで、もう何年も生きています。枯れて消えてしまって、もう駄目かと思っていたら、ひょっこり蘇って驚くことも多いです。

この2、3日は、当たり前のことを今更ながら考え直す時だったようです。掘り下げて行くと、種子の問題もあり、ギーが身体にいいと言って作っていても辿っていけば、牛になり、牛が食べている肥料の問題もあります。要は、感謝の気持ちをもって、楽しく頂けるかどうかなのですねm(__)m

ところで、ベランダに蘇った植物なのですが、オレガノと同じプランターに共存してるこれ↓は何でしょう。道端でもよく見るのですが。ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。アキノノゲシにしては、花が黄色い気がします…。50センチ以上あります。

2   1
コメント
この記事へのコメント
ハルノノゲシ(たまに秋にも咲きます)かオニノゲシかなぁ…。
…と、思ったのですが葉の形状・つき方が良く分からないので
テキトウなことは言わないでおきますね(*ノノ)テヘ



アフラトキシンについては、あまりその危険性を強調しないということで
報道の方向が決定したようです。
ワタクシ個人は、それが(良いとはいえないものの)賢明な判断であると思いました。
理由:
1.既に摂取しているものなので、今更何を言われたところで手遅れ。
(一応、尿中にも毎日少しずつ排出されてはいきます。)

2.アフラトキシンの危険性について、
情報を「冷静に」吟味する力のない人に対しても一律に情報を与えてしまうことは
社会全体にいらぬ混乱(…盲目的恐慌状態と言ってもいいでしょう)を生む。
地震等の災害時に誰か一人の困ったさんががわけのわからないことを叫ぶ
(例:地下街は皆押しつぶされるから危険だぞー!逃げろー!等@正確には逆。地下街の安全性をナメちゃいけません。)と、
そのパニックが伝染し、出入り口に人が殺到して大量の圧死や重傷者の発生に繋がってしまうのと同じですねv
TVや新聞は情報の受け手を選べませんから…。
3.アフラトキシンについて詳しくやると、
食品業界全体がもごもご…(中国の米、アメリカのとうもろこし、南米のナッツなど
正直何も口に出来ませぬよー(つ∀T))となってしまいます。
業界全体が立ち行かなくなれば、ソレに連なる業界も共倒れ、
ひいては国が立ち行かなくなります。
(特に今は不景気な上、世界的にも景気はもう一波乱ありそうです。その余波に耐えるだけの体力は温存しておかねばなりません。)
※その点、メタミドホスなら「使わなければいいだけの話」なので安心(?)


考えることって、難しいけれど面白いですね。
ワタクシは好きです。そうやって考えながら生きること(ノ´∀`*)
2008/09/15(月) 21:31:09 | URL | chilime #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/09/15(月) 22:08:02 | | #[ 編集]
ありがとうございます!!!
chilimeさまe-51

この連休はとても嬉しい日々でした。コメント頂き、ありがとうございます!(かちかちになってますm(__)m)

アフラトキシンはやはり意図的なものですね。どうも安易すぎてやりきれないような気がしていました。ただ、おっしゃるように、これが公になって嬉しい業界は存在しないですねorz ちょっとスッキリしました。いつも頼りすぎてしまってごめんなさい。

これからは、旬のもの・減農薬のもの・国産のもののチョイスとプラスαで楽しく幸せな食事を心がける所存ですi-71^^

ハルノノゲシも有りなんですね。写真がピンぼけしてしまっていてすみませんi-238私もオニノゲシかなぁと思ったりしたのですが、調べた写真の茎が赤いように見えたので、う~んと思っていました。これはきっと飛んで来て定着したんですね。逞しいヤツです…。

遅ればせでも、考える力をcultivateできればどんなにいいだろうと思いますi-236
2008/09/15(月) 22:25:59 | URL | 雪 #-[ 編集]
おいしくて、安全なお米が食べたいよね。
お米は主食であるだけに、気を使いますよね。
昨年、知人から「自宅用に作ったお米」を分けてもらいました。それが、信じられないほど、おいしかったんですよ。
うちのダンナは、「おいしいお米」=「こしひかり」という先入観の持ち主で、そのお米を食べて、「これは、どこ産のこしひかり?すごくおいしい!!」などと言っていました。実は、愛知県の銘柄米、「あいちのかおり」だったんですけど、ダンナはピンと来ないらしくて、????という顔をしていました。

もしかしたら、(無農薬とまではいかなくても)自分用に作るお米や野菜が一番、安心でおいしいのかも知れませんね。
2008/09/17(水) 01:30:58 | URL | うめこ #-[ 編集]
ちょこっ。
オマケの話ですが、アフラトキシン。

業界以外にもいえない理由があるのですよ…
それは「国」。

日本は幸い(今のところ)アフラトキシンを出す種類の黴の発生にあまり適さない気候条件にありますが、
ここよりもう少し平均気温の高い国・・・それこそ東南アジアやインド、南米(U.S.A.南部も)、中国南部などだと
その黴が毎日普通に口にする豆類・スパイス・穀類・とうもろこし類にくっついていたりするもので…。

日本でアフラトキシンアフラトキシン騒ぐことで、
他所の国に不安を与え、国の政情をも不安定にしてしまっては気の毒ですものね。
国の気候は変えられませんから…。

そういうことも「まつりごと」の一つなんでしょう。
しみじみ、日本という不器用で優しい国が愛おしく思えます。
(だからこそ、その優しさのあまりにスケープゴートにされがちなのが
余計に、余計に悲しくなります。)

で、お米。
虫だって、黴だって、取れたてほやほやの時には発生の心配がありません。
農家に分けてもらったお米が美味しいのは何より新鮮だからなんです。
(自分で作ればより新鮮v←大変ですってば)

スーパーに並ぶお米は
農家から輸送して農協の倉庫、輸送、
そしてまた倉庫(中略)そしてまた輸送、それからやっと陳列と
何だかんだで結構時間を経たものです。
自分が朝掘ってきたたけのこ(味)や自分が朝引いたコーヒー豆(香り)を
同じように運んで仕舞って、出して詰め替えてまた運んで…なんて繰り返したらと想像すると、
これじゃ多少は美味しくなくなってしまっても仕方ないかなと思えてきませんか?(・∀・)ソレデモオイシサヲタモッテクダサッテイルギョウカイノミナサマニハアタマガサガルバカリデス

市販のお米しか手に入らない、そんな場合はまず玄米をお求めになってみてください。
玄米を食べるのではありませんよv併せて精米機を導入、玄米を食べる直前に精米することで、
表面の酸化した部分(下手したら黴の胞子がついていたりもする)を取り除いて食べるのです。

これでいつでも美味しいご飯~♪です。
保存も高温多湿を避けるなどしていればより完璧ですね。

米ぬかはぬか袋などにして利用するとヨイかと思われます。
排水が~、環境が~、とご心配になるのであれば
有用菌を培養するのもアリです(EM菌が手に入りやすいかとv
※但し宗教じみたEM信者さんにはちぅいちぅいです(--*タマニイラッシャイマスノデ…)

お掃除に使うと有用菌があちこちでコロニーを作ってくれるので、
人体に害のある菌が繁殖しづらくなってグゥ。
入浴剤として使うとパイプの雑菌が繁殖しづらいのでグゥ。
残り湯をお洗濯に使うと、洗濯槽に黴が生えづらいので更にグゥ、ですv
※もう生えてしまったものについては一旦クエン酸などではがしてからにしてあげてくださいねv

災い転じて福となす。
毒米問題をきっかけに、よりステキな暮らしを手に入れたり
より他所様や他所の国にやさしくなれたり、
自分の国や政治家さんを見直せたり、
視野を広げたり出来れば結果オーライなのですよ~.。゚+.(・∀・)゚+.゚


※…なんだかとりとめもない長文になってしまいましたorz
語りだすと止まらない性質で、すみません(つ∀T)

2008/09/17(水) 12:37:41 | URL | chilime #-[ 編集]
愛情の力ですね!
うめこさまe-51

ようこそ、コメントありがとうございます♪
「こしひかり」神話、わかります。うちも実母がそうです。
でも、手間ひまかけて、愛情かけて育てられたものの力は大きいですよね。最近、周りに家庭菜園をなさる方が増えてきたのですが、その方たちを見ていると,自分や家族→環境→さらに大きなものへと視野も広がってきているような気がします。
改めていろんなことが見えたということでは、今回の事件は必要なことだったのかもと思いますが、「安心」「おいしい」は当たり前のことであって欲しいですよね。
2008/09/17(水) 13:33:00 | URL | 雪 #-[ 編集]
深いですね…。
chilimeさまi-266

単純な線になりがちな私の思考をいつも導いて下さってありがとうございます(__)m 無知・無情であることのコワさに戦慄し、一方で、日本に生まれたことの有り難さをしみじみ感じました。

食品もいろいろな方のお蔭で、今、手元にあるということ、新鮮なものに大きな力があることなどが、読んでいてすーっと入ってきます。

田舎ではコイン精米機を見るのですが、入ったことなく、、、これは是非体験してみねば、と今から心はやっております^^ 米ぬかの活用も、楽しみ。(クエン酸の威力にはすっかり参ってます)ここでもまた、日本人で良かった~としみじみ思います。

いつもコメントを楽しみにしています(あっ、ご負担になりませんよう)。温かい心とパワーを下さってありがとうございます!
2008/09/17(水) 13:53:15 | URL | 雪 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.