~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
マンドリン
マンドリン

このところ、マンドリン音楽が懐かしくなって、ネットで聞けるものをいろいろ探していました。大学時代はマンドリンクラブに所属して、3年強を過ごしました。
福岡シンフォニックマンドリンアンサンブルのCD試聴ページでは、演奏会で弾いた中で好きだった、鈴木静一さんの「スペイン」第二組曲の触りが聞けました。他には悠々自適な毎日の「鈴木静一先生」で知った作品集で、細川ガラシャ夫人を聞いて懐かしく思い、マンドリンYouTubeでは、藤掛廣幸氏の「パストラルファンタジー」を聞いて、節を思い出し、浜松マンドリンオーケストラ(試聴)で、大幻想曲 幻の国「邪馬台」を聞いて、じ~んとし。真剣に青山忠マンドリンオーケストラに入れて頂きたいと思ったりして過ごした一日です。

青山さんは学生時代から、名前を聞いていた気がします。中央大学というと鈴木静一さんというイメージがあったのですが、こちらはまだ始まったばかりで、カラーがまだよくわかりません。

持っている楽器は落合忠男さんのもの。落合マンドリンはやはり美しいと思います。当時所属していた部では、例年落合工房のものを買っていたのですが、一つ下の学年は何故か違う工房のものを買うことになって新部員がそれを買い、その結果、熱心に練習していた殆ど全員が2年目に落合ブランドの例年買うものよりもランクが上のもの(当時で20万、いつの時代かは内緒ですが、コンサートマスターとセカンドトップのみに課されていたランクの楽器)を揃えることとなったのを目の当たりにして、楽器は最初の選択が大事というのを痛感しました。

演奏するのも聞くのも鈴木静一さんのものが好きです。一種の泥臭さと、メリハリの聞いたメロディと演奏の充実感(盛り上がり)が独特です。
コメント
この記事へのコメント
マンドリンをやってらっしゃったのですねー。
マンドリンやギターなどの「つまびく系」楽器って、長音は震わすように鳴らすんですか?
ギターは学校の授業でちょこっとだけやったことありますけど、長音をどうしていたか、全く覚えていないんです…
2008/08/02(土) 16:05:28 | URL | にこまこ #-[ 編集]
学校の授業!
素敵ですねぇ。私は学校ではリコーダーしかしてないです。ギターがあったら、違う人生があったかも…f^^;
「震わすように」-そうですね、マンドリンは、ピックを使ってトレモロで弦を振動させます。滑らかに音を出すのは結構難しいです。
2008/08/02(土) 22:35:44 | URL | 雪 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.