~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
石田英湾氏の著書
最近、かなり食事がゆる〜くなって、分泌物が多く、辛くなってきました。

そんな時に目に入ってきたのが、石田英湾氏。

大森英櫻氏については、正食医学講義録、無双原理講義録、運命を開く名前のつけ方、人間大森英櫻、などの作品を読んできました(流したと書いた方がいいかもしれません)が、客観的な大森氏論を読むことができる、ということで、今、桜沢・大森の正食医学理論 食べもので病気は治せるを読んでいます。

まだ最初ですが、のっけから入ってきた言葉。
桜沢氏の「無双原理・易」からの抜粋で「ヒトはダレでも幸福である。そして、その精神的健全(徳)と肉体的健全(健康)は、根本世界原理ー生命、人生、大自然の根本原理に関する発明自得、理解の深さと体験の方向に正比例する。だから幸せでなかったら、その人の罪、無知、無理解である。」
石田氏によると、不幸の原因は、
「親の「無知」が原因である。(註釈:サリドマイド児の例が一例として挙げられている)化学薬品はすべて毒物ということを正しく知っていたら、宣伝で売られる毒物に心惹かれることはなかったはずである。この知識だけでも危険の大半は避けられる。化学薬品が毒物なら、これを製造・販売許可した政府が悪い、と言いたがる。厚生省(現、厚生労働省)という役所が認めようが認めまいが、化学薬品に頼りたがる無知が問題なのである。
(中略)無知とは、神を知らないことの別称と言ってよい。神と自分との関係、宇宙の秩序と自分との関係、自然の法則と自分との関係、これらを正しく認識して常識として神と共にあれば、日々の正食子を医者や薬に勝ることも常識となっているはずだ。食べものと食べる方法が正しければ、医者や医薬を要求する体制は生じない。正しい食べものと、正しい料理法と、正しい食べ方を正しく知っていて体得していたら、身体に不幸をもたらす原因も要求も生じない。」

大森氏のストイックなまでの探究心と実践を少し離れた距離から見ながらも、最終的に大森氏の正しいことを伝えていく石田氏に、今までと違った大森氏の教えを見ることができるという点で新鮮な書物となりました。石田氏自身は強烈な個性の持ち主である、桜沢氏、大森氏と比するとより中庸な個性であると思います。大森氏の真似はできない、とし、動物性を百パーセント否定する大森氏のことを、あまりにも神経質すぎると、腹の中で批判し続けた石田氏が、それでも最終的に玄米菜食での浄化が進むに比例して、今一歩の物足りなさを感じるようになり、それを追求することによって得たものを開陳していく過程に惹かれています。

現代は、そもそも正しい食べものを手に入れることが難しい時代であることを考えると、どこまで実践可能であるかということがまず問題となるのでしょうが、それでもまた、少し穀菜食回帰への道を示してもらっているような気がしています。
食べものは命です。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.