~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
自然菜園
最近読んでる本第二弾。

まんがら農園の野満さんに教えていただいて、手に取った自然菜園の本2冊。

生える草でわかる野菜の適地適作は、本当に参考になりましたし、コンパニオンプランツの考え方等、一冊で、ど素人の私にもわかりやすく書かれています。

他の自然農の本には、ヨモギについて、芽をこまめに取っていけばやがて生えなくなる、とあったのですが、竹内さんの本では、ヨモギやチガヤなどの根っこが広がっているもの、そのままでは野菜、作物の根が張れないので、取り除く、とあります。実際、ヨモギの根は地表近くにマット状に広がっていて、一度引き抜くと、長いものは50センチ近いものがズルルッと抜けてきて、これじゃぁ何も育たないよね、、、というのを実感中。中程度の段ボールいっぱい分くらいは抜きました。まだあるよ、きっと。もう、お手当に役立つ、とか悠長なことは言っていられないので、現在、ヨモギ撲滅活動中です。それでも、根っこがするっと抜けてくれるようになったことだけでもありがたい。5年前の、土が固まっていた当初は抜こうとしてもなかなか抜けず、ひたすら力まかせで、作業は遅々として進まず。今は楽に抜けるので、こうなるまでに年数が必要だったのだろうと思うことにしています。

ヨモギを抜いた畑は少し広くなって、今年は、畑っぽい様相になってきました。他所から搬入された宅地造成土の、岩、小石、砂粒だらけだった黄色い土が少し柔らかく色も黒っぽさが加わってきたのを目を細めて眺める今日この頃。先日蒔いた、オクラやキュウリが無事収穫できますように。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.