~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201009<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201011
眼鏡のはなし
先日、玄米菜食のお店でランチをしている時に、見つけました。
眼鏡のはなし

眼鏡合わせにおいて、両眼視を重視していらっしゃるようです。眼鏡と言えば、眼鏡店または眼科で処方してもらうものですが、なかなか納得のいく結果にならない経験をなさる方が多いのではないでしょうか。私も初めて作った眼鏡は、作ってすぐに違和感を覚え、殆ど使う事なく一年で度数変更することになりました。利き目がどちらかというのも重要ポイントになると思います。

店内で、斜め読みしただけなのですが、この本にも食事の重要性が書かれていました。重度の近視のお子さんの矯正をなさる折、親御さんに「妊娠中に甘いものを沢山召し上がりませんでしたか?」という質問をなさったところ、「そう言えばつわりがひどくて何も食べられない時に、缶詰のフルーツのシロップ付けだけを食べていた時期があります。」… 妊娠中に砂糖を摂り過ぎたり、量を食べ過ぎたりすることが、生まれてきたお子さんにアトピーを引き起こすこともある、とは甲田先生の本にもあったようで、実際にそういうお子さんを見たこともあります。

フレームについても言及されており、顔に触れるものであるだけに素材は考えるべきということに、日頃着るものに気を遣う割に、眼鏡はまったく頓着していなかったことに気付いてはっとしました。

どういう眼鏡合わせをなさるのか、体験したいような気もします。

ちなみに玄米菜食のお店のランチは、桜沢如一さんの理論に忠実でした。久しぶりに、おひたし、海藻、厚揚げの煮たのやおからコロッケ、お味噌汁という、生ものなしの食事でしたが、とても美味しゅうございました^^
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.