~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
200906<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200908
自然酒飲み比べ
今までは、美味しいお酒というと、地元「亀岡酒造」のお酒!と思っていたのですが、マクロビ関連の本を読んでいて、お薦め「日本酒」を見る度、「自然酒」が気になっていたのでした。一度は、好奇心に駆られて旬味と山廃燗誂(熱燗大好き)をお取り寄せしたのですが、最近になって、何と、ご近所さんで、取り扱っているお店を発見しました!(ちょっと興奮!)ずばり「酒と食のお店」です。

ここで、『仁井田本家』と『寺田本家』のお酒を少しずつ買うのが、ささやかな(?)楽しみ♪になりつつあります。(『仁井田本家』は昭七親方おすすめ「飲み比べセット」を取り寄せれば済むのですが…まぁぼちぼち(笑))

お店に行くと、限定数入荷したばかりの<「穏」純米 発泡うすにごり生>を試飲させてもらうことが出来、う~ん、旨いかもとなっちゃってました。即購入も、これは活性あり、開ける時に噴き出しそうになるので、10分くらい蓋を開けては慌てて締めの繰り返し。開けたては、炭酸が勝って、旨味が今一つですが、一日冷蔵庫で寝かせると、試飲させてもらったのと同じく仄かに甘味のあるお酒でした。スッキリ夏のお酒です。ここは代々後継ぎの方に「穏」(おだやか)の一文字が入るのだそう。

「寺田本家」は発酵道で知ったのですが、お店には「自然のまんま」「むすひ」「純米80香取」「五人娘」の純米酒、純米吟醸酒、純米大吟醸酒などがあって、どれを選ぼうと悩みます。

「自然のまんま」はお米が薫るようで、甘いと思ったのですが、「辛口」なのだそう。最近のキリっと辛い日本酒とのギャップが大きいです。
「純米80香取」は夏場は、菌の勢いで糠の匂いが強くなってくるそうです。確かに糠っぽい味がしました。こちらも開けてすぐより、冷蔵庫で落ち着かせた方が飲みやすい感じ。
「むすひ」は発芽玄米酒。日本酒というより、お酢と発泡酒の中間で、家人は受け付けませんでした。私は好きかも。評価が二つに分かれるのだそうです。健康にはこれが一番良さそうです。このお酒も蓋を開けたり締めたり忙しい。
「五人娘」の純米酒は「自然のまんま」のアルコール度数が低くなって、さらに飲みやすい。
どれだけ飲んでいるの?という感じですが、時間をかけて少しずつです^^ 翌日もすっきり(そんなに飲んでないからですよ~)
吟醸酒や大吟醸酒は普段に飲むお酒ではなさそうなので、いつか特別な日に、と思います。

お店になくて、興味があるのは「醍醐のしずく」と「純米90香取」。これは特長ありそうです。機会があれば。

「旬味」は料理酒なので、少しずつ使ってます。熱燗は今はちょっとお休み…。季節限定の「あまさけ」も人気とのことで、これは来月に頂こうと思っています。

美味しいものが頂けて幸せ~なのでした。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.