~風の彼方~
美しいものが好き。自然と身体にいいことを模索・実践中です
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
味から連想するもの
味から連想されるものは人それぞれですね。

先日は庭の月桃の葉を敷いてご飯を炊いてみたのですが、やはり独特の匂いがするため、私自身は、普通のおかずとは合わないなぁと思ったのですが、家人の反応は、美味しいとのこと。ローズマリーに似た匂いだと言うのに、少しびっくり。

翌日はお櫃に入れた、冷えた月桃ご飯でしたが、家人曰く、お肉を思い出す、と。???。どうやらローズマリー→肉料理でお肉を連想するらしい。う〜ん、そういう発想は私にはないなぁ。驚きでありました。
スポンサーサイト
GMO
GMOって何でしょう。

“Genetically Modified Orgasnisms”、略して「GMO」=「遺伝子組み換え作物」です。

先日、友人に誘って頂いて、「遺伝子組み替えルーレットを観る機会を頂きました。重いと思われる方も多いかもしれません。「食」について考えさせられる映画です。

この映画を見ていて、以前、モンサントの不自然な食べものを観たことを思い出しました。

遺伝子組み替えルーレットでは、GMOの表示を求める議案が通った州は、2012年現在なく、もしかしたらカリフォルニア州は通るかもしれない、と言っていたのですが、現実には僅差で通らず。

遺伝子組み替えルーレットの続編が近いうちにできるという話を伺って辞した上映会でしたが、帰宅してから、GMOについての何かがないかを調べていて、パパ、遺伝子組み替えてなあに?という映画を発見して見終わったところです。

この映画の最初に、街頭でGMOを知っていますか、というインタビューをしているのですが、マイクを向けられた人はすべて「知らない」「何それ?」と言うばかり。知らずに食べているのです。

小麦粉、大豆、トウモロコシ、菜種、甜菜、ジャガイモ、綿など。遺伝子組み替えに侵食された作物。映画の中では、100種ものGM野菜、果物の販売が間近で、GMOユーカリはすでに販売されている、とありました。表示が義務付けられていないため、いつの間にか生活の一部になっています。家畜の餌も有機でない場合はGMである可能性が大です。

印象的だったのは、監督がGMOについて調べていくうちに八方塞がりになり、憩いを求めて家族で出かけたセコイア国立公園で、監督の5歳の息子が生まれて初めて釣ったニジマスの餌がGMOである可能性が高いとわかったという話。

三作を通じて、GMOによってもたらされる体への影響は深刻(アレルギーを起こし、免疫力を下げ、栄養価が低い、自閉症の誘引である、フランスのセラリーニ教授の研究によるラットの腫瘍)であるにもかかわらず、それを食べさせられている人が知らないでいるという事実に呆然とさせられます。

一方でノルウェーではGMOが厳しく規制されているのです。(ケチャップの一例あり、米国企業のそれは、米国ではGMコーンシロップ使用なのに、ノルウェーでは砂糖使用。)インタビューされた女性の「トマトにサソリの遺伝子が入っているものを食べるのも使うのも嫌。」という言葉にホッとしたのでした。

希望は、2012年時点では、GMOに対する措置が何もなかった米国でも、2015年時点では、コネチカット州はGM表示義務化、メーン州上院でGM表示法可決、ホールフーズはGM表示を確約、されたことでしょうか。

映画の最後に、最初のインタビューで「知らない」と答えた人々が、「何を食べてるか知りたくなった」「知るべき、表示をするべき」と言っていることに、知って選んでいくことの重要性を考えさせられます。監督の息子の「誰もそこの種を買わなければ、売れなくなる」ということに集約されるのでした。

シンプルなのが一番。他のいろいろなことも、地球にとって何が良いか、という基準で動いていけば、間違うことはないのだと思います。

iTunesで500円でレンタルできます。多くの人に観ていただきたい映画です。
お手製増えてます
少し前にれなりを購入しました。理念に賛同したのですが、一番はやっぱり好奇心。どんなお味なんだろう、というのは永遠に続きますね。

苦味辛味は強いです。そして抗酸化性が強いとはいえ、この暑さの中、常温で置く不安があるけれど、まめにお料理したところで、大して減りません。量の消費にマヨネーズの手作りをすることにしました。昔むかし、泡立器で辛抱強く混ぜたのを思い出しますが、今はバーミックスという力強い助っ人がいます。手作りだと、味を見ながら、ハーブなどを足していくことができるのが魅力です。その1はオンリーワンマヨネーズ!でした。

その2はアイスクリーム。今年は市販のものをほとんど買いませんでした。乳製品解禁になったため、生クリームを使うとかなりいい線いくことがわかり、コープ自然派さんで四つ葉の生クリームをいただきました。ナカザワさんの生クリームも美味しいですが、愛媛では手に入らないかも。卵と生クリームと甘い果物があれば、それで十分な感じです。市販のものは甘すぎることを痛感。

その3は麺つゆ。これは大豆(または黒大豆)を炒って、干しエビを戻した水を入れ、お酒、醤油で味を調える。

その4は強力粉を使った焼き物。家人はパンがなくても生きていける人なので、最近パンを買わなくなりました。でも私はパン食好きなので、試しに強力粉と塩とれなりをまとめて冷蔵庫で少し寝かしてから焼いたら、チャパティもどきが出来上がり、それで十分になってます。

いずれも作る手間は少しかかりますが、自分が今まで頂いてきたものの、組成を知るのもまた楽しです。
いちぢく三昧
ブドウ狩りをさせていただいた愚禿山さんで、無農薬いちぢくも分けていただけることがわかり(いちぢく狩りもできるそうです)、1キロをいただきました。味見の時に、オーナーご夫妻は「ちょっと水っぽい」と。朝方の雨でそうなったとのこと。外にある作物はすぐに影響を受けるんですね。知らずにいただこうとしていましたが、今後の購入時期の指針を教えていただくことができました。家人はそれでもとても美味しかったらしく、皆が1個のところを3個いただいてました(笑)

私はいちぢくが大好きなのですが、マクロビを真面目にやってた頃は、いちぢくは極陰性の食べ物だから、食べちゃダメ!という文言を書物で見て、できるだけ食べないようにしてきたのでした。

でも、ここに来て、卵乳製品解禁、かしわ解禁、最後の砦の四つ足も、牛を除いて解禁状態となり(量はそんなにいただきませんよ^.^)、食べたいものを食べたい時に状態になって、いちぢくも帰宅してから、ケーキにジャムに加工三昧となりました。味見させていただいた時に、「皮ごと食べて大丈夫、なんでもそうだけど、皮と実の間に栄養が詰まってるからね」と教えていただいて、皮ごとジャムにしました。甜菜糖もケチらず(甘すぎず、保存ができる状態で)、色も綺麗に仕上がりました。5個ほどは、皮を剥いて凍らせてみましたので、後日どんな感じか確かめようと思います。

一手間かけると、楽しみは何倍にもなりますね。良い材料で作らせていただけてありがたいです。

無農薬種ありブドウと「種はどこですか?」
家人はこちらへ戻ってから、朝フル(と言ってもフルーツ食後ご飯もしっかり召し上がる(笑))を始めたので、フルーツを常備するようになったのですが、店頭に並ぶもので、無農薬のものを探すのは難しい。この時期ブドウが食べたくなったらしいので、以前から気になっていた「愚禿山」さんにお電話して、ブドウ狩り?をさせていただきました。

お電話してまずおっしゃったのが、「うちは、無農薬種ありですが、いいですか?」

それが良くてお電話した私ですので、「はい、勿論。」と喜んでお返事したのですが、

最初に無農薬種あり、をお伝えすると、10人中11人(そのくらい種ありを嫌がられるということの比喩ですね)が断られる、とおっしゃっていました。

ブドウの種なしが当たり前になったのは、それほど昔ではありません。ジベレリンという植物ホルモンを使うことによって、種なしブドウが生まれているのです。人為操作することによって種なしになっているのですね。

また、ブドウを消毒することで、こんなに暑くても冷蔵庫にも入れず、長く日持ちすることが恐くもあります。

オーナーの奥様がびっくりする話をしてくださいました。

若い男性がここのブドウを見に来たことがある。その男性は園内をぐるぐる回っているだけだったので、何をしているんだろうと不思議に思っていたら、随分時間が経ってから、「種はどこですか?」と聞いて来られた、と。種が別についていると思っていたようだ、というお話を伺って、何とも言えない妙な、悲しいと言うよりも、知らないというのはそういうことだなぁというような諦めの気持ちがありました。

二極化がどんどん進む気がします。自然に畏敬の念を持って生きていけることを願っています。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。